動物好きが集まるメディア。
   

キャンプ中にテントを訪ねて来た野良猫。 すると夫婦に抱きつきながら眠りにつきました…。




キャンプ中の夫婦に訪ねて来たのは小さな野良猫。

すると、夫婦に抱きつきながら眠りにつくと…。

キャンプ中に訪ねて来た野良猫

今から1年前、ある夫婦が山の中にキャンプに出かけた時のこと。その日はキャンプ場がとても混んでいたため、夫婦は未舗装の道路を奥へ奥へと進んで行きました。

そして、道路の終着点まで行くと、思い描いていた通りの完璧なキャンプ場所を見つけたのです。夫婦がテントを張り終えた2時間後、遠くの方から大きな声が聞こえてきました。

徐々に夫婦のいるテントの方へと近づいているように感じました。男性は怖がる妻を安心させようと『あれは鳥の鳴き声だよ』と伝えたそうです。

しばらくすると、声が聞こえなくなったため、夫婦は眠りにつきました。しかし、眠り始めてから1時間後、テントの近くで突然ガサガサッと大きな音が聞こえたのです♪

男性は懐中電灯を掴んで、音のする方に光を当てました。するとそこには、ふわふわの小さなボールがあったのです!

それは、夫婦がキャンプ場所を探している途中で出会った、人懐っこい子猫でした。

 

猫は夫婦のことが気に入ったようで、テントを訪ねて来たようです。子猫はそのままテントの中に入ってきて、夫婦に抱きつきながら眠りについたそうです(๑•́ωก̀๑)

翌日、家に帰る準備を整えた夫婦でしたが、子猫をこのまま森の中に残しておくことができませんでした。また、子猫が自分達のことを選んだように感じたため、夫婦は子猫を家族に迎えることにしたのです!

 

夫婦は子猫に『バーディー』と名づけて、新しいお兄さんの『ボブ』を紹介しました。バーディーは初めて会ったボブに戸惑い、逃げるように男性の背中に登りました!

 

でも、すぐにボブの優しさに気づいて、とっても仲良しな兄弟になったそうです♪

続きは次ページへ!



SNSでフォローする