動物好きが集まるメディア。
   

動かない子猫を自宅に連れ帰った愛犬。 自分の子供のように育て始めて3年後…。




動かない子猫を自宅まで連れ帰って来た愛犬。

自分の子供のように育て始めて3年経った今…。

子猫を自宅に連れ帰った愛犬

飼い主のリアさんが愛犬の『オピー』と散歩している時の出来事。突然オピーが何かを発見し、リアさんを引っ張り始めました。

 

リアさんは語りました。

『オピーは私達の家の裏で、子猫を見つけました。子猫は全く動かなかったため、私は死んでいると思いました。しかし、オピーは子猫のそばから離れようとしませんでした』

リアさんは子猫を慎重に抱えると、オピーが子猫を隅々まで調べ始め、子猫が生きていることを確認したのです。

 

『私は子猫を自宅に連れ帰った後、お風呂で全身をキレイにし、獣医さんのところへ連れて行きました。病院から帰宅する頃には、子猫の体調は随分良くなっていました。』

帰宅したリアさんは、子猫のために箱のベッドを作りました。子猫はとても体力を消耗していたようで、その日の夜は1度も目を覚ますことなく眠り続けたそうです♪

リアさんは保護した子猫に『ロスコー』と名づけ、24時間の世話を始めました。

また、愛犬のオピーはいつもロスコーのことを気にかけていて、リアさんと一緒に子守りをしてくれたそうです。

そして10日後、ロスコーはついに目を開きました。ロスコーは、この時初めて、助けてくれたオピーとリアさんの姿を見ることができたのです!

 

『ロスコーはミルクの後で、オピーに抱きしめられるのが大好き。オピーもロスコーといるのが大好きで、いつもロスコーを自分のベッドに連れて行き、幸せそうに昼寝を始めます。』

 

オピーは、ロスコーのことを自分の息子のように思っているようですね。

続きは次ページへ!



SNSでフォローする