動物好きが集まるメディア。
   

炎の中へ飛び込み子猫を救った母猫。 全身を焼かれても子猫の育児を欠かさなかった…。




炎の中へ5回も飛び込み子猫を救った母猫。

全身ただれても子猫に愛情を注ぎ続ける…。

炎に飛び込み子猫を救った母猫

1996年3月30日、ニューヨーク州ブルックリンでの出来事。

放置ガレージから、原因不明の出火があり、消防隊が駆け付けました。

 

この時、消防隊員の一人が、自ら燃え盛るガレージに入っていく猫の姿を目撃しました。

しかも、全身火傷を負いながら出てきて、また炎の中へ何度も何度も…。

しかも、全身火傷を負いながら出てきて、また炎の中へ何度も何度も…。

 

母猫は驚いたことに、当時3ヶ月の5匹の子猫たちをガレージから運び出していたのです…。

 

母猫のまぶたは腫れ上がり…

耳や肉球は焼けただれ…

顔の毛は、燃えてほとんど無い状態だったそうです。

続きは次ページへ!



SNSでフォローする