動物好きが集まるメディア。
   

まるで『ぬいぐるみ』の様な子猫。 病気の子猫を救った優しい飼い主に称賛♪




病気と戦うぬいぐるみの様な子猫。

優しい保護主が救い大きく成長した姿に涙…。

病気と戦うぬいぐるみの様な子猫

アメリカ・フロリダ州での出来事。

2017年秋の雨の日、猫親子がダンボールにくるまっているのを発見しました。

母猫と6匹の幼い子猫は、保護シェルター『ブロワード郡アニマルケア』に保護されました。

そこのスタッフのアマンダさんは、猫親子を見た瞬間『7匹の猫たちをフォスターする!』と決めたそうです。

※フォスターとは

(里親を募集できるくらいに成長するまで一時的に世話をすること)

アマンダさんは、6匹の子猫の中に小さな猫がいることに気が付きます。

 

View this post on Instagram

 

Newt Scamander Meeseeksさん(@meeseeksyouout)がシェアした投稿

 

海外メディア『The Dodo』によると…。

『小さなオス猫はほとんど動かず、ボールのように丸まってジッとしていた…。』

その外見はまるで、ぬいぐるみのような姿でした。

この子猫の写真を見た人たちは、本物の子猫だと信じてくれなかったそうです…。

 

View this post on Instagram

 

Newt Scamander Meeseeksさん(@meeseeksyouout)がシェアした投稿

アマンダさんは、この小さな猫は『ミーシークス』と名付けました。

ひときわ小さな体なミーシークスをアマンダさんは6匹の子猫の中でも気にしていたそうです。

 

View this post on Instagram

 

Newt Scamander Meeseeksさん(@meeseeksyouout)がシェアした投稿

 

すると、気持ちが伝わったのか、ミーシークスもアマンダさんに懐き始めました。

そんな時、動物病院からショックな知らせが届きます…。

6匹の子猫全員が『猫汎白血球減少症』だったのです。

 

View this post on Instagram

 

Newt Scamander Meeseeksさん(@meeseeksyouout)がシェアした投稿

 

この病気は死亡率が高いと言われましたが、獣医師の懸命な処置により奇跡的に6匹すべてが病気を克服♪

そして、子猫たちは無事に里親を募集する日を迎えます!

続きは次ページへ!



SNSでフォローする