Line
動物好きが集まるメディア。

虐待によって顔が変形してしまった犬。保健所で安楽死を待つだけだった犬を獣医師が救った。

<スポンサーリンク>


アメリカ・オハイオ州にある保健所(シェルター)に、生後4ヶ月の犬が運び込まれました。

この子犬は顔がぐしゃぐしゃに潰れており、口を開けることすら困難な状態でした。

治療をしても完治する見込みが無いことから、安楽死させることが決まってしまったのです。

 

 

保健所につれてこられた子犬を獣医が検査したところ、頭と顎の右側が潰れたように酷く変形していました。

当初、動物に噛まれたことによる感染症が原因で顔が変形したと見られていました。

そこで、抗生物質などを投与して治療を行っていたそうです。

しかし、子犬の顔が元に戻ることはありませんでした。

 

 

保健所で保護されてから2ヶ月目のこと、食事も満足に食べられない子犬をこれ以上苦しめないためにも、安楽死させることが決まったのです。

子犬の死が目前に迫る中、それでも諦め切れない獣医達は、最先端の医療行為を行っている「グレート・レークス・クリニック」に意見を求めました。

早速、最新機器を使って子犬を検査したところ、驚きの結果が判明したのです。

子犬の顔は感染症が原因で変形していたのではなく、人間の手によって殴打されたために、顔の右側の骨が砕かれて潰されていたのです。

 

 

顔の組織も壊死しており治る見込みも無いことから、獣医師達はやはり子犬を安楽死させることに決めたそうです。

そんな中、「グレート・レークス・クリニック」で働き始めた女性眼科医ダニエル・ボイド医師が、子犬の診察をすることになりました。

子犬と接するうちに、ダニエル医師は強く心を動かされていきます。

 

 

安楽死を翌日に控えた夜、ダニエル医師は子犬を自宅に連れて行き、一緒に眠ることにしました。

腕の中で眠る傷ついた子犬を見て、ダニエル医師は安楽死させられないと強く思ったそうです。

 

 

ダニエル医師は子犬にスクウィッシュという新しい名前をつけると、自分で面倒を見ることに決めたのです。

これに反対する獣医は誰もいませんでした。

 

 

そして、すぐにスクウィッシュのために顎や目、歯の手術を行ったのです。

 

 

顔の歪みこそ元には戻りませんでしたが、手術の甲斐あって口でテニスボールを咥えたりドックフードを食べられるまでに回復したのです。

 

 

今ではダニエル医師と一緒に出勤して、獣医達にも可愛がられているといいます。

 

 

スクウィッシュが救われて本当に嬉しく思います!

それにしても、なぜこんな子犬に酷いことをするのでしょう。

このような目にあう動物がなくなることを祈るばかりです。

画像出典元:the dodo

<スポンサーリンク>


SNSでフォローする