Line
動物好きが集まるメディア。

顔が歪んでいるからと虐待されていた犬のボウ。保護されてから見せる笑顔が素敵すぎる!




人と違うところがあると、人間は特別な目で見てしまいがちです。

それが犬であればなおのこと、ひどい扱いを受けることもあります。

今回は、顔が歪んでいたために虐待を受けていた犬のボウをご紹介します。

 

Beaux Toxさん(@beauxtoxrescues)がシェアした投稿

 

アメリカのテキサス州に住んでいるラブラドールレトリバーのオス犬・ボウ。

ボウは母親のお腹の中にいる時、他の兄弟に押されてしまい頭部が変形してしまいました。

飼い主はそんな姿で生まれたボウを見捨ててしまったのです。

飼い主が変わっても虐待される日が続きました。

ボウはちゃんとした世話もされず、餌も満足にあたえられないまま屋外に放置されていたといいます。

動物保護団体で活動するジェイミーさんがボウを保護したときは、ひどい栄養失調で体はやせ細り、ダニとノミが体中に住み着いている病気の状態だったそうです。

 

Beaux Toxさん(@beauxtoxrescues)がシェアした投稿

 

ジェイミーさんに無事保護されたボウは、清潔な環境でしっかりと食事をとることが出来るようになったため、今ではすっかり元気を取り戻しました。

 

Beaux Toxさん(@beauxtoxrescues)がシェアした投稿

 

ボウは孤独だった日々に別れを告げ、新しい家族と仲間と一緒に笑いながら幸せな生活を送っています。

 

 

他の犬よりも顔が歪んでいるという理由で、生まれてからすぐに虐待を受けていたボウ。

そんなボウが楽しそうにしている姿を見ると心から良かったと思います!




SNSでフォローする