動物好きが集まるメディア。
   

耳掃除が大っ嫌いな犬・デンバー。耳掃除器具を近づけると顔が一変する(笑)




今回、紹介する犬は「ギルティ・ドック」としてネットで話題のデンバー。

「ギルティ」とは『有罪・身に覚えがある』という意味。

そんな、イタズラ大好きのデンバーの一番嫌いなのは、耳掃除!

その耳掃除をするとわかった瞬間、デンバーは歯を見せて嫌がるのです!

耳掃除をひたすら嫌がるデンバー

耳の垂れている犬種は風通しがよくないため、耳の病気になりやすく、お手入れは必須です。

今日も飼い主が、耳掃除をしようとクリーナーを持ってくると…。

デンバーは、飼い主の手元を見た途端、表情が一変(笑)

 

この表情を見てわかる通り『耳掃除はいやだ〜』と言ってそうですね!

飼い主がクリーナーを近づける度に、眉間にシワを寄せるデンバー。

一生懸命抵抗をみせるデンバー。

飼い主がクリーナーを持っている間ずっとこの表情(笑)

しかし、ほんとうに耳掃除が嫌なんですね…。

 

▼耳掃除を嫌がるデンバー

 

最後は、何も見なかったかのように横を向いたデンバーでした。

「ギルティ・ドッグ」で人気者のデンバーは、2011年に天国へ旅立ちました。

きっと天国でも、耳掃除は嫌がっているかもしれないですね ( * ›ω‹ )



SNSでフォローする