動物好きが集まるメディア。
   

『待て』と飼い主に命令され捨てられた犬。 犬の信じ続ける思いに胸が痛くなる…。




飼い主『待て』と命令されたまま、捨てられた犬。

しかし、信じて待つ犬の思いに涙が止まらない(涙)

飼い主の『待て』を信じた犬

カリフォルニア州に本拠地を置く動物保護団体『Kings SPCA-Rescue』のスタッフは、人里離れた道端に捨てられている1匹の犬を保護。

スタッフが『バンジョー』と名付けた犬に声を掛けましたが反応がありません。

しかし、見るからに犬の体は衰弱しており、今すぐに保護する必要がありました!

 

この付近には食べる物や飲み水もなく、あるのは枯れた小枝。すぐに救助しなければ犬は餓死してしてしまう状況です。

スタッフが、近づいて餌を与えても、バンジョーは怯えるようにして逃げてしまい、あたりは徐々に暗さを増しました。

それでも、スタッフは、諦めずに何時間も餌付けにチャレンジし続け、夜露で地面が湿ってきたころ、ようやくバンジョーは逃げなくなり、心を開いてくれました。

車に乗せるまでのバンジョーはパニックを起こすこともなく、元いた場所を見つめ続けます。

捨てられたバンジョーは、飼い主からの『待て!』の指示をひたすらに守り通していたのです。『ここで待っていれば必ず迎えに来てくれる。』飼い主の言葉を信じて、何日間もその場に居続けたバンジョー。

 

スタッフは、飼い主への怒りとバンジョーの抱えた辛さを噛みしめました…。

そして、バンジョーが愛し信頼していたはずの飼い主宛てに手紙を書き、バンジョーの写真と共にFacebookに投稿しました。

続きは次ページへ!



SNSでフォローする