Line
動物好きが集まるメディア。

人間も食べられるキャットフードで猫も大喜び♪

あなたは、キャットフードを食べてみたことがありますか?

愛猫は可愛い可愛い大切な家族です。

”自分が食べることができるキャットフード”を愛猫に与えることができたら、とても安心だと思いませんか?

実は市販で売られている安いキャットフードは価格を安くするために体に有害な添加物で量をごまかしているって知っていましたか‥?

大切な家族の口にするものが体に悪いものだったり寿命を短くしてしまう‥

なんて事が起きない様、事前に防ぎましょう!

そこで、愛猫の為にも人間も食べられるキャットフードを探したところ、日本初上陸した【ねこはぐ】に出会いました。

 

人間も食べられるキャットフードの2つの条件

人間も食べられるキャットフードの条件は

  1. 質の良い素材・原料を使用していること
  2. 危険な添加物の使用がないこと

が挙げられます。

このようなキャットフードは、人間でも食べてみることが出来ますし、愛猫には安心して与えることが出来ます。

①質の良い素材・原料とは


キャットフードの中には、人の食用にできなかった原料(肉副産物等)を使用しているフードが多く販売されています。

  1. ミール
  2. 肉副産物
  3. エキス

これらの表記をしているキャットフードは、人が食べられない部分を加工した原料を使用しており、どのような肉を使用しているか分からないので注意が必要です。

ひどい場合には、いわゆる4Dミートと呼ばれるものを使用している可能性もあります。

副産物や4Dミールについては少し調べると色々と出てきますが、人間が食べないようなクチバシ・トサカ・ヒヅメ・羽・糞や血など、様々な粗悪な材料を集めて、ミンチにしたものが「ミール」だと思って頂いて結構です。

しかもこのような「ミール」はもともと腐敗が進んでいるような材料も含まれている為、強力な人口防腐剤が大量に使われています。

怖いのは、「ミール」に防腐剤をどれだけ使っていようと、キャットフードの原料として購入し、使う分には防腐剤の表示義務が無いということです。

人が食べることが出来ない原料を使用しているものは、キャットフードに加工をしたところで、人が食べることは出来ませんし、愛猫に与えるのも心配ですよね。

愛猫の事を本気で思うのであれば、人間が食べられるレベル(ヒューマングレード)の「肉」を使用して作られている、質の良いキャットフードを選ぶべきです。

通常は、原材料がホームページに書かれていなくても販売元に問い合わせると、答えてくれます。

答えてくれないようなキャットフードは、愛猫の為にも思い切って候補から外してくださいね。

→→【ねこはぐ】公式サイトはコチラ

 

②危険な添加物の使用がないか確認


▼添加物の目的

  1. 栄養バランスを整える
  2. フードの品質を保つ
  3. 美しく、おいしく、食いつきを良くする

これらの目的で、添加物が使用されることがあります。

キャットフードに使用されている添加物の中には、

  1. 人に使用することが禁止されているもの
  2. 日本では認められているけれど、海外では人に使用することが禁止されているもの

このような、添加物が使用されているキャットフードがあります。

当然、人が食べるのは危険ですし、愛猫が食べるのも危険ですね。

安価で売られているキャッチフードの裏側には、それなりの理由があるのですね。

質の悪い、危険な添加物だらけのキャットフードを人が食べてみるなんて危険ですし、愛猫に与えるのも疑問です。

確かに価格の安さに魅力を感じるのもわかりますが、月々のご飯代をケチって愛猫が病気にでもなってしまったら、本末転倒な気がしませんか?

病院に通うのだって費用がかかります。

日頃から愛猫の健康を考えたフード選びを心がけることが、愛猫にいつまでも健康で長生きしてもらえる秘訣ではないかと考えます。

その点、【ねこはぐ】は、添加物を一切使用していないので他のキャットフードと比べものにならない程、安心安全といえます。

→→【ねこはぐ】を見てみる

次ページで「ねこはぐがおススメな理由💡」を紹介します。

続きは次ページへ!

SNSでフォローする